背景
title

切手はスタンプ(消印)が入っていない場合、種類にもよりますがお金と同様の価値があります。また、スタンプ付きで価値があるものも多数存在していますので、処分をする前に切手買取サービスの利用を検討するべきでしょう。切手は郵便局やコンビニで販売中もしくは過去に販売されたノーマルタイプも売れるため、古いといって廃棄するべきではありません。中には発行枚数が少なかったり記念切手だったりのケースがあり、付加価値で高額になる可能性を含んでいます。そんな切手類はインターネットの活用により素人でも価値の有無が判断できますが、破損や汚損といった状態によって金額が変動する点もポイントです。また、切手買取で特に注意しておきたいのがシートとバラの違いにあり、1シート分が完全な状態であれば有利となります。希少価値があるタイプは1シート数万円から数百万円という高額査定が期待でき、いずれも保存状態によって明暗がはっきりわかれています。

切手買取の利用前に知っておきたいこと